So-net無料ブログ作成
旅なこと~2009ボルネオ(コタキナバル) ブログトップ

つけたし [旅なこと~2009ボルネオ(コタキナバル)]

ボルネオで発見したこと。

イスラム教徒の女子は基本肌見せNGなのですので、当然水着もNGです。

というわけで、あちらでお話ししたイスラムの女子は被りものをして、ウェットスーツと雨合羽の中間みたいに全身を包む専用水着に身を包み、海に入られてました。
暑くないか、質問したのですが、子供のころから普通なので、暑くないよと爽やかな笑顔で答えてくれたのが強く印象に残っています。

顔面しか出てないのに、やっぱりかわいいんですよね~。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

サピ島とそのほか [旅なこと~2009ボルネオ(コタキナバル)]

コタキナバルは、ジャングルとビーチと両方楽しめるので、5日間というのはとっても短いのですが、シュノーケルができるサピ島に行ってきました~。
海でしたので、カメラを持っていかず、お金も持っていかず、でしたので、写真がないのですが、ネットで検索すると他の旅人さんの写真つきの日記が沢山ありましたので、そちらで十分雰囲気が伝わると思います。

桟橋から小さなボートで30分くらいのところに、サピ島があり、足首くらいの浅瀬にも沢山魚がいます。
いつもどおり魚肉ソーセージを手に持って海に入ると、一気にお魚ちゃんに囲まれ、おなかや足をつつかれます。
どうして、どうして、あんなにお魚ちゃんは食いしん坊なのでしょう。
あげてもあげても寄って来ます。
お友達はお魚ちゃんの大群に恐れをなしつつ、一緒に魚肉ソーセージをあげてました。

お昼は体長1mくらいのオオトカゲの大群にも逢えました♪

今度は、水につけても大丈夫なカメラを持って行きたいとおもいまーす。

===

今回の食事に多くはホテルの中でしたので、実際の屋台で食事ができなかったのが残念です。。。
その中でもいくつかご紹介です(あまり写真がなくて…)。

①なぞのフルーツ
朝のブッフェではいろんなフルーツが日替わりで出てくるのですが、よくわからなまま食べてました。
生乾きの雑巾の味(?)のフルーツがこちら。
40ホテル_090123_1010~01.JPG
おいしそうなんですけど、私はダメでした。

②ミーゴレン
いわゆる焼きそばです。
これは文句なしにおいすぃ~。
お米の麺なのでしょうかね?重たくなくて量があってもペロリたいらげることができます。
43_090124_2134~01.JPG

③パン屋さん
街中のパン屋さんは、とっても安くてRM1もしないのにおいしそうなパンが買えます。
やしのみの餡のアンパンやショコラだんごなどなど。
私たちも小腹空き用に少しだけ買いましたが、いずれもおいしかったです。
その中でも変わったパンが、、、Japanese…と書かれたわらじサイズの源氏パイです。
買わなかったけど、どこかJapaneseなのか不明なまま、写真だけ撮りました。
46_090123_1745~01.JPG 45_090123_1744~01.JPG

④カクテル
やっぱり南国のカクテルはおいしいですね~。
44_090124_2130~01.JPG

④キャノピーウォークランチ
基本的にタイ米のチャーハン(これが絶品)と炒め物が多いのがマレーシア料理の特徴。
タイ米はいけてない中学生芸人のインディカ米を思い出しながらおかわりおかわりしてぜーんぶ食べました♪
手前は牛肉の炒め物、右はこえびの揚げ物+マヨネーズ。
他にも2品おかずがありました。
お野菜もたっぷり入っているので最高です。
41_090125_1520~01.JPG

===
最後に、今回の旅の感想です。
コタキナバルはまた行きたいです。
ペナンももう一度行きたいと思っていますが、コタキナバルはシュノーケルもできるのがよいです。
それにタイと違って食べ物が辛くない。
辛いのは苦手ではないのですが、辛くない方が食べやすいですよね。
マレーシアは大らかな国なので、ゆるゆるとしている雰囲気も大お気に入りでした。

今回はスコールに毎日降られたので、乾季に行きたいですねー。
今度はホテルでゆっくりをメインにして、屋台でご飯を食べて、市場に遊びに行って、サピ島には自分でチケットを買っていくような、手作り感満載の旅にしたいです。
それと、水に強いカメラを持っていって、水中のお魚ちゃん、街中の風景やホテルの中をたくさん撮りたいで~す。
それとイスラムの頭が被り物がかわいかったので挑戦してみたいです(笑)。

ホテルのプライベートビーチでのヨットの遠乗りでお世話になった現地の真っ黒なおじさん、キナバル山ツアーで知り合った日本人女子(一人旅)、サピ島のチョイワルの添乗員さん、レストランの店員、ホテルスタッフ、特に日本人スタッフの研修中のなおみさん、お土産屋の日本語が流暢な店員さんなどなど、人との出会いもあり、ちょっとだけボラれたりして、結構楽しませていただきました。

次回は絶対に痩せて水着を綺麗に着るぞ!!!!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

メインディッシュ2 世界遺産と世界最大の花とジャングル [旅なこと~2009ボルネオ(コタキナバル)]

オプショナルツアーを組み込みました。
ずっとプールと海でもよかったのですが、メインディッシュのジャングルめぐりをしてみたくて。

『キナバル山』と『ラフレシア』と『うつぼかずら』です。

キナバル山は、世界遺産に登録をされている山で本気の山登りの方がチャレンジする山ですが、私はなんちゃってなので、キャノピーウォークだけをお試しいたしました。
キナバル山の眺めはこんな感じです。
今の時期、コタキナバルは雨季なので、午後には必ずスコールが来ます。
なので、綺麗に山が見えるのは午前中のみ。
富士山よりも高い山なので、基本的に緑はありませんねー。

10キナバル山_CIMG2266.JPG

眺める度にこちらの絵を思い出しました。
ルネ・マグリットの絵『アンハイムの領地』です。
21マグリットアンハイムの領地_f965-magritte~-Posters.jpg

そこまでは車で行くのですが、途中トイレ休憩とキナバル山記念撮影に立ち寄ったドライブインは猛烈に暑くて、、、。
日陰で寝ればいいのに、がんがんに太陽の日差しを浴びる場所でぐったり犬が寝ていました。

11犬_090125_1031~01.JPG 

ドライブインなので、売店やお土産屋さんが並んでおります。
12ドライブイン_090125_1034~01.JPG 13民芸品_090125_1040~01.JPG

明るいですねー。
こういう雰囲気大好きです。

そして、世界最大の花『ラフレシア』。
つぼみは1年近くかかって膨らみ、咲いているのはわずか1週間。
タイミングが合わないと見れない花です。
ラフレシアは普通の山に咲いているので、そこにバラック的な料金所がありそこで見ます。
RM30、だいたい1000円くらい。
今回咲いていたのは、一輪のみでしたので、賞味5分くらいの鑑賞時間なので、結構ぼられているかな、、と(笑)。

15ラフレシア_090125_1250~01.JPG

たばこの箱などで大きさがわかればよいのですが、だいたい直径60-70cmくらいでした。
なかには触媒をするハエがぶんぶんいまして、これが毒かと思ったら違うそうです。
虫は食べない植物だそうです。
綺麗というより、グロいですね(笑)。

そのあと植物園、植物園といっても山を区画した程度なので、想像していた園とは違うのですが、シダやランが原生しているジャングルを少しお散歩。
肌寒いくらいの高地でしたが、見たことの無い植物と虫(ムカデ)がいました。

14植物園090125_1127~01.JPG 17ムカデ_090125_1131~01.JPG

でもって、食虫植物の『うつぼかずら』です。
16うつぼかずら_090125_1141~01.JPG

虫が入っていくところが観察できなかったのが残念ですが、一度見てみたいと思っていた植物でしたので、楽しかったです。
いいですね~。

ここからは、アドベンチャー気分が楽しめるキャノピーウォークとポーリン温泉です。
こちらが公園の入り口です。
37キナバル公園_CIMG2300.JPG
イスラム教の人が多いので被り物をしているかわいい女子が沢山います。
そこは、モロッコのときと同じような景色です。

キャノピーウォークはジャングルの中を20分くらい歩いた後、
34キャノピー木_CIMG2306.JPG

幅30cmくらいのつり橋を歩いて上からジャングルを眺めるのですが、これが疲れる、疲れる。
32キャノピー_CIMG2327.JPG

18キャノピーウォーク_CIMG2322.JPG

上から眺めたジャングルはこんなです。
33キャノピージャングル_CIMG2329.JPG

ひさびさにプラトゥーンでも観ようかなぁ~と思いましたが、当時道の無いジャングルを歩くのは相当大変だったかと思います。

その後は水着に着替えて地元の人たちと一緒に公園の中にあるポーリン温泉に入りました。
写真は源泉です。
35温泉_CIMG2301.JPG

温度はそれほど高くないのですが、汗びっしょりかいた後に入るプールと温泉は最高に気持ちよかったし、その後のランチももりもり食べ尽くしてしまいました。

日本ではなかなかできない体験三昧がよかったです♪
それにしても、南国の木は大きいです。
きっと虫も大きいのだろうなぁ、、、。


お昼食べたとこのトイレはこんな。
42_090125_1549~01.JPG
やっぱり綺麗ですね!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

メインディッシュ [旅なこと~2009ボルネオ(コタキナバル)]

滞在先をShangri-La's Rasa Riaを選んだのは、オランウータンです。
ということで、早速見に行きました。

ホテルの中は広いので、保護区まで5分くらい歩きます。
こちらが入り口。
29ウータン_CIMG2240.JPG

こちらには、子供のウータンがいて、元気になると別の場所に移って野生に還る特訓をするようです。
今はジャングルには4頭いるらしく、餌付けイベントでは2頭が出てきてくれました。
07ウータン_CIMG2219.JPG 

08ウータン_CIMG2231.JPG

かわいいですねーーーー。
思わず子供ウータンの人形を買ってしまいました。
09ウータン_090124_0020~01.JPG

おなかの部分がぷくっと膨れていて、だっこしたときの感触がほんもののウータンに似ている感じがしたのです。⇒ほんものはだっこしていませんので、想像ですが、、、。

もっと沢山会えるのかなぁと思っていたので、若干残念でしたが、野生の中でつるをつかって縦横無尽に遊ぶウータンが見れたので、おもしろかったです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

泊まるところ~Shangri-La's Rasa Ria Resort Kota Kinabalu, MALAYSIA [旅なこと~2009ボルネオ(コタキナバル)]

privateでは1年ぶりの海外。
我ながらよく我慢したなと、、、。

だから(?)なのか、行きの飛行機では興奮して映画を観る余裕はありませんでした。

00飛行機_CIMG2188.JPG

今回はマレーシア航空でしたが、機内食はおいしかったです。
食後のデザートでminiスーパーカップが出されたのが美味美味。
直径4-5cmのふたでした。。。
090122_1511~01.JPG

滞在先は、Shangri-La's Rasa Ria Resort デラックスガーデンビューです。
今回あまり写真は撮らなかったのですが、ちょっとだけご紹介します。

お部屋はこんな感じです。
ウエルカムフルーツがナイスな感じです。
26ホテルソファ_CIMG2202.JPG 03ホテル_090122_2208~01.JPG

ソファーの部分が一段下がっているので、ベッドで寝ている人との目線がぴったり合います。
これも結構ナイスです。
曇っているのは、カメラが結露しているからです。
奥の方の大きい鏡も曇っているがわかるでしょうか?
部屋に帰宅した直後にエアコンを止めて、ドア・窓を開け放ったときにこうなるんですよねー。
27ホテル全体_CIMG2247.JPG
部屋が汚くてごめんなさい…。

アメニティも充実です。ランのお花もちゃんと飾られております。
02ホテル_090122_2212~02.JPG 25ホテルアメニティ_CIMG2203.JPG

嬉しいのは、バスローブ。
ワッフル素材なので、重たくありません!
01ホテル_090122_2212~01.JPG

部屋からの眺めはこんな感じ。
ガーデンビューなので、お庭がメインです。
バルコニーもちゃんとあるので、ふたりが部屋でぶつかることがなく、OKでした。
海は向こう~の方~なので、きっとフロアが上がらないと見えないと思いますが、私達の宿泊した部屋はロビーフロアに近く、朝食場所やプールが近くてこれはこれで便利でよかったなと思っています。
29ホテルビュー2_CIMG2243.JPG 090124_1908~01.JPG

お庭自体はこんな感じで、やしの木と色とりどりのお花。
そして鳥も。。。
05ホテル_090123_0912~01.JPG 04ホテル_090123_0910~02.JPG

30ホテル庭_CIMG2248.JPG

朝ごはんはついているプランを選んだのですが、結果的にレストランはCoffeeTerraceのみ。
町の中もそうなのですが、マレーシアの方は綺麗好きで働き者なのか、ごみが落ちていることもなく、食べたものもじゃんじゃん片付けてくれて、とっても心地よいです。
そして、何はともあれ、グアムよりざっくりとしているので、プールで貸し出すバスタオルなど欲しいだけくれるので、嬉しいですね~。
これはペナン島のShangri-La'sでもタオルは取り放題だったので、Shangri-La'sカルチャーなのでしょうか。。。

1点の難点は、エアコンです。
エアコンが強烈に入れてくれるので(20℃、強)帰宅すると寒すぎ、そしてエアコンの匂いが臭かったので常にとめてました。
毛布をくださいとお願いすれば、すぐに持ってきてくれるので、問題はないのですがね。
そのためか、湿度がすごいことになっていて、日本からもっていった洋服や紙(紙幣含む)がしなしなになって若干きもかったです。
それを除けば、サービスは満点でした!
あ、部屋にはベープも蚊取り線香もありましたが、当然、虫除けスプレー、虫除けベープ、きんかん、日焼け止め、防止は絶対持参です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
旅なこと~2009ボルネオ(コタキナバル) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。