So-net無料ブログ作成
テレビなこと ブログトップ
前の10件 | -

新参者とJIN [テレビなこと]


新しい冷蔵庫が来て、部屋の片づけをしながら、
撮りだめしてあったTVドラマを見てますが、
やっぱり何度見ても新参者とJINはよいです。
あと、流星の絆、白夜行も好きです。
いろいろと泣ける。。。。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

イッテQ カレンダープロジェクト 灯篭飛ばし [テレビなこと]

毎週楽しみにしているTV番組。
世界の果てまでイッテQですが、カレンダープロジェクトとして、毎月メンバがちなんだ写真を取りに行きます。
毎回それぞれ違った感動があるのですが、今回のは本気で感動しました。


You Tube!へupされたので、リンクしておきたいと思います!
こちらの7分目くらいから、灯篭飛ばしのドキュメンタリー開始です。







5,000個の舞い上がる灯篭は、圧巻で、天の川のようで、幻想的で、くしくもお盆と重なっての放送でしたので、じわーんとしました。

===


で、こちらは絶叫マシーンにチャレンジする森三中。
かなり笑いました。相変わらず3人ともかわいいです☆
今回はムーさんが大活躍!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

池上彰の戦争を考えるSP/TV東京 [テレビなこと]

後半しか見れなかった特番。

絶対国防圏であるサイパンのバンザイクリフには驚いて涙が出ましたし、ガダルカナル島を蛾島とよび、なくなった日本兵21,000人(確か)のうち、15,000人程度が餓死で亡くなったこととや、野戦病院のあとなど、見ていて苦しくなる映像ばかり。
また、実際の戦いで負けが見えていても、新聞にはいかにも勝ち続けているような嘘の報道があったり、信じられないこともありました。
TVでどこまで真実をまげずに話してくれているかはわかりませんが、不勉強な自分にとっては、池上さんの淀みないわかりやすい言葉で説明してくれるとすんなり頭に入ってきてとても勉強になりました。
ネット上では賛否両論ありましたが、私としては、是非再放送して欲しいです。
見逃した戦争が始まるまでの話が聞きたかったです。
これを作ったスタッフ力もすばらしいですね。

http://www.tv-tokyo.co.jp/ikegami_wars10/

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

荒川アンダー ザ ブリッジ [テレビなこと]

まあとにかくくだらないのですが、理解不能気味な疾走感が気持ちのいいアニメ。
荒川アンダーザブリッジ@TV東京。

とにかく黙って一度見てみてくださいませ。






リクの成長が楽しみです♪

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

さんご礁とiPad [テレビなこと]

用事があって銀座へ行ったのですが、Appleストアを通りかかったのでiPadを見てみました。
とにかくすごい人だかり。
順番待ちして触ってみました。
小さな板に行列するスーツ隊の姿はちょっと異様な光景でした。
とっても、サクサクしてますね、指紋が気になりましたが。
ニュースで中を分解して部品を確認してましたが、iPhoneと部品を共通化し、コストが大きくかからないような工夫がされているそうです。
そいういうのを知ると、Appleの商品戦略というのは、やっぱりすごいなぁと思います。
これなら寝たきりになってもこれならば本を読んだり、ネットをしたり、退屈しないで済みますね。

そんな流行の最先端を東京で見て、自宅でTVを見ていたら、NEWS ZEROで桜井くんがさんご礁のレポートを。
先日のてぃだかんかんの主人公となった金城さんもインタビューされてました。
自然に添うようにさんごを育て、海へさんごを植える。
金城さんの夢は、10年後に目に見える範囲の海(漁師さんと約束して漁をしない海をもらったそうです)をさんごで一杯にすること、だそうです。
陽の下で働く金城さんはとっても素敵でした。

そんな中、今auではこんなイベントをやっているそうです。
auGreenProject。
歩くだけで寄付。
金城さんの活動を支援しています。
auお持ちの方は是非ご参加を♪


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

今週ののだめ [テレビなこと]

今週ののだめカンタービレ(アニメ)を見て、久しぶりにたまらず涙が止まらなくなりました。

本来の自分とのギャップが大きくなるほどに人生は苦しくて辛くて、本気で逃げだしたくなります。

人間欲しいものはそう簡単には変わらない生き物なんだと思います。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

海外ドラマが民放で熱い [テレビなこと]

TVつながらりでもうひとつ。
民放での海外ドラマ、特に米国物が増えて、FOX顔負けのラインナップです。
特に土曜日の夜は、すばらしく、朝まで起きていることも可能です。
私はもっぱら撮り溜めしたものを観てますが、一昨日晩はあることがあって朝までぶっ通しで見てました。

ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ(フジテレビ) 23:10~
 http://www.fujitv.co.jp/TC/index.html

アグリーベティ2(NHK) 深夜1:20~
 http://www9.nhk.or.jp/kaigai/uglybetty2/

24シーズン7(フジテレビ) 深夜1:50~
 http://wwwz.fujitv.co.jp/24/index.html

コールドケース(テレビ東京) 深夜3:20~
 http://www.tv-tokyo.co.jp/coldcase/


ちなみに他の曜日はというと、、、、
月曜日深夜 
マッドメン シーズン2(フジテレビ)
 http://wwwz.fujitv.co.jp/MADMEN2/index.html

火曜日深夜 ⇒FOXで1年前に観ていたものと一緒
Drハウス シーズン2(日本テレビ)
 http://www.ntv.co.jp/dr.house2/

水曜日昼
CSI7 ⇒FOXではなかったのもあり、観ていなかった。
 http://www.tv-tokyo.co.jp/csi7/

水曜日深夜 ⇒FOXで1年前に観ていたものと一緒
BONES シーズン2(TV朝日)
 http://www.tv-asahi.co.jp/harikore/bones/index.html

木曜日深夜 ⇒FOXでは1シーズンの放映だったので一気に3シーズン飛び越えファイナル
プリズン・ブレイク ファイナルシーズン(日本テレビ)
 http://www.ntv.co.jp/pre/pb/

金曜日深夜 ⇒手術シーンよりも医師同士の恋愛メインでいまひとつ…
グレース・アナトミー シーズン2(TV朝日)
 http://www.tv-asahi.co.jp/harikore/grey2/index.html

かなりの充実っぷりですね。
医療物も一杯あるし、それ以外で見ているドラマ(仁、天地人、東京DOGS、白い巨塔[再]、大奥[再])を含めるとHD容量が明らかに不足しております。

まぁ、この趣味が誰かと繋がって話しが盛り上がるってことも少ないのですが、先日医療機器の営業をやっている方とお話してして、手術道具で盛り上がれて、ちょっとうれしかったです。

借りたDSのゲームもまだ終わってないし、他にもいろいろとやるべきことが溜まってはいるのですが、そんなこんなで、HD容量が不足しないようせっせと毎日録画したドラマを観ては、ひとりで盛り上がっているわけです。
おかげさまで土曜日深夜のシネコン映画鑑賞の機会がめっきり減り、新しい映画には若干うとくなってまいりました。
今晩、何か観に行こうかなぁ。。。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

NHK ETV特集『ピアニストの贈り物~辻井伸行・コンクール20日間の記録』 [テレビなこと]

徹子の部屋にも出演されたり、何かとマスメディアに取り上げられるようになってきているので、ご存知の方も多くいらっしゃるかと思いますが、ピアニスト辻井さんのヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝するまでのドキュメンタリー番組が昨晩NHK放映されました。

ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールは、アメリカのフォートワースで開催されているそうなのですが、7,8年前に仕事で2度ほど、フォートワースに行ったことがあるので、景色はそれを思い出しながら見ました。
富裕層が多くくらすということで、避暑地ではなく避寒地として有名な土地で、1度はその避寒地で滞在されるかなり高級なホテルに滞在させてもらった記憶が蘇ります。

私自身も3歳から15歳までピアノを習って、一時は音大に進みたいと思っていたので、地道な毎日の基礎音階の練習を思い出しました。
一度覚えた曲は大抵指が覚えているので忘れることはないのですが、弾いていないと指が動かなくなってくるので、1週間に1度は過去の曲をすべて暗譜でひととおり弾くようにしていましたが、そうするとあっという間に数時間が過ぎて、汗だくになります。

進めば進むほど、曲の数が多くなるので、辻さんの並々ならぬ努力とエネルギーに感服します。
それにまだ弱冠20歳です。
これからがほんと楽しみです。

私の習っていた手法は、初めに楽曲を聴き、右手、左手をそれぞれ音を取り出し、鍵盤で確かめつつ、最後に、耳だけでは取れなかった箇所を目で楽譜を見て頭に納めきります。
あとは、弾き損じが確実になくなるまで、繰り返し繰り返し弾き続けることを毎日します。
こうすると、暗譜をする手間が省けるので、非常に効率的なのですが、私の場合、楽譜を見るというカンニングができてしまうので、意思の弱い私は耳と目を半々くらいでの練習でした。

もちろん、彼自身の能力の高さも大きいと思いますが、視力障害を持っている人はいつもその方法で100%習得していくことになるので、聴覚のスキルと集中力が抜群に磨かれていくのですかね。

ファイナルで演奏されたのは、私の最も好きな協奏曲2曲。
 ショパン ピアノ協奏曲第1番
 ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番
胸が高鳴ります。

今回辻井さんは、協奏曲や室内楽で楽団とタイミングをあわせるとき、コンマスやコンダクターの方がどうやってあわせるのか、その方法を入念に辻井さんに確認をするのですが、辻井さんは、あっさり呼吸のタイミングであわせますとおっしゃってました。
呼吸音を聞き、相手とあわせ、互いの演奏を交わらせるということは、ソロと異なって、とても面白いものだと思います。

多数webには紹介するページがありますので、そちらをいくつか。

NHK ETV特集サイト
http://www.nhk.or.jp/etv21c/index2.html

演奏が聴けるコンクールの公式HP(#まで選択してください)
http://www.cliburn.tv/#

ニュース
http://www.news2u.net/releases/50482

最後に、、、
どこかのwebに彼のお父様のコメントが掲載されていた内容が印象的でした。
『これで彼もひとりで食べていけるようになれるかな…』
ご両親の色んな思い、気持ち、を強く感じました。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

アメトーーク5 [テレビなこと]

アメトーークはTVで観てはいるのですが、DVDまで買うつもりはなかったのです。

が、しかし、、、、

アメトーークDVD5

アメトーークDVD5

  • 出版社/メーカー: よしもとアール・アンド・シー
  • メディア: DVD
は、買ってしまったんです。
大好きな、てっちゃんと関根さんが入ってるということで、買うしかないかなぁって。

てっちゃんは、最高です。
基本、どれ観ても同じなんですけど、、、(笑)。

ということで、★★★★★(5)。
てっちゃんと関根さん、ゴールデンです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

白夜行 [テレビなこと]

ここ2週間ばかり帰宅すると号泣をしていた私。
特に昨晩はひどかった。
それはこのドラマのせい。


白夜行 完全版 DVD-BOX

白夜行 完全版 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: DVD

大好きな山田くんが主演のドラマで、現在は今をときめく東野圭吾であり、先日はまった流星の絆の原作者と一緒。

『太陽の下を手をつないで歩きたい』その純粋な思いで、別々に生き続けようと、距離を置いて、けど離れられなく、かすかに繋がるために足跡を少し残しあって、お互いがお互いの太陽になろうとして寄り添い、罪を重ねていく桐原くんを見れば見るほどつらくて、つらくて。
私は手をつなぐことが好きなので、その思いがとても深く突き刺さりました。

ひとこと、ひとことが、突き刺さりすぎて、何度も見てしまうシーン。
桐原くんがもう色んなことに追い詰められていてその気持ちに押しつぶされそうになっているときに何かを気づきかけてる彼女(同棲中)との会話で。

彼女には小説家といつわっていて今書いているストーリー(殺人事件がテーマ)について話している流れで。
彼『だって、終わんなくなっちゃうよ。いつまでもぷらぷら小説書いててもね…』
彼女『いいじゃんそれで、このままここにたらたらいれば、それでいいじゃん』
彼『じゃぁもし俺が…』
彼女『俺が?』
彼『(その幽霊のように人生を送っていたら、と、それでもあなたは受け入れてくれるのか、と、)ずっと働かなくても?』
彼女『いいよ』
彼『(おさえこんでいた思いがせきを切りそうになる…)………じゃ…そうしよう』
そこで、彼女を押し倒して、、、。
(ほんとうはいつだって、すべてを話していまいたい衝動に駆られていた。だけど、それは決して幸せにしないだろう。この人にこれ以上求めてはいけない。求めそうな自分が怖かった。あなたの未来を壊しそうな自分が怖かった。)

全く違うシチュエーションでしたが、私もそんな感じの気持ちで一杯で押しつぶされそうになっていて、怖くて、悲しくて、心細くて、二人でいるときだけがあやふやでも確固たる何かを掴んでいる気がして、ひとりでいるときは叶わないってわかっていても叶うかもしれないという微かな希望を勝手に信じて生きているときがありました。
そうしないとひとりでは歩けなかったから信じ込むように、信じてもむなしいとしか思えないときは何も考えないように、してました。
どうしたら先に進めるのかわからなくて、先にすすみたいのかわからなくて、結局自分がどうしたいのかわからなくて、イライラするときもありました。

うーーーん、文字にするとわかり辛いなぁ。
ドラマでは、山田君のセリフ回しが、とってもよくて、その気持ちを思い起こさせるわけです。
11話目が1番好きです。

にしても、流星の絆といい、東野圭吾って屈折した子供が成長した姿を描くの、うまいですなぁ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | - テレビなこと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。